2018年04月24日

極小ネジ

どうもしばらくぶりです。
まー、わざわざ書くようなことでもないかも
しれないけど、最近こんなことがありました。

運送の仕事中のことです。
配送先の駐車場で、エンジンをかける前に
ちょっと眼鏡でも拭こうかと、ポケットからハンカチを出して、
レンズを指で掴んだんです。そしたら突然、右側のレンズが
パカッっと眼鏡の枠から外れて、レンズと枠を
固定していたネジがポロっと落ちてしまいました。
そして眼鏡の右側の枠がバラバラになりました。
どうやら知らぬ間にネジが緩くなってたみたいです。
しかしタイミングが悪い、家だったら
なんとでも処置できるけど、ここは出先の車の中。
さあどうする。レンズをどうにかして固定したいところだけど、
もちろん車の中にセロテープなんかないし、
買うにしても、近くにはコンビニのような店も何もない感じ。

配送もこれからまだたっぷり残ってるし、困った・・
もう最悪片眼鏡だけで運転するか、もしくは片手で
運転しながら、もう片手で外れたレンズを持って
右目にあてがった状態で運転するか・・
うわあどっちにしてもツラい!危ない!・・・

とにかくネジを探すしかない!
しかしサイズにして2mmぐらいの極小ネジ、こんなもん
ポロンピンポローンと跳ねて、運転席の足元の砂まみれの
マットの隙間なんかに落ちてしまったら、絶対見つからん!
なおかつ左目だけで探さないといけない、これはキビシイ!
ああ、こんなときハズキルーペがあったなら・・。

と思って、ふと横を見たら、サイドブレーキがある台形状の土手の上に
チョコンとネジが乗っかてました。
いきなり見つかった!!
こんなに容易い場所に偶然落ちているとは、自分にはまだツキがある。
もしかして一生分のツキを、ここで使い果たして
しまうというパターンか・・。まあそれはさておき、
慌ててそのネジを拾って、眼鏡にレンズをはめて取り付けました。
もちろん精密ドライバーなんてあるわけない。親指の爪で
無理やりネジをこねくり回して、なんとか外れない程度には
止めることができました。
親指の爪を伸ばしといてよかったです。
もちろん帰ってから、精密ドライバーでしっかりネジを
締め直しました。

neji.gif


「居酒屋越え!ちょい飲み革命」(日本食糧新聞社)という
飲食業界向けムック本にところどころイラストを
描かせていただいきました。広告が面白い。


posted by 辻井タカヒロ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする