2018年06月07日

ギターを持ったおじさん

配送のアルバイト先にはいつも自転車で30分ぐらいかけて
通っている。その道中で最近、ギターを持ったおじさん
をよく見かけるようになった。具体的にどこかはあえて
書かないけど、大通りの交差点の歩道の角にちょっと
腰掛けられるようなコンクリの出っ張り(植木だったかな)
があって、そこにアコースティックギターを抱えて、一人佇んでいる
のだ。まあおじさんといっても、ボクだっておじさんなんだが、
それでも60は確実に越してるだろうと思われる風貌で、やや長髪気味
の白髪頭でチョッキのようなものを着ている。
なんだか粋な演奏をやってくれそうな期待感がある。
いつも午後3時過ぎの仕事帰りにそこを通ると、かなりの確率で
そのおじさんはいる。

今日なんか、朝の行きの時間にギターおじさんは既にいた。
しかも片手に缶チューハイを持っていた。ええ身分ですな。
で、帰りにもいた。ってことはなんだろう、一体おじさんは
何時間そこに座ってるんだ?言っときますけどホームレスの人
とかじゃないですよ。長髪ではあるけど普通にこざっぱりした
感じの方ですよ。ホームレスならもろもろの生活道具も
手元に持っとかないといけないけど、そのおじさんはギターしか
持ってないから。ま、チューハイは持ってたけど・・。

さて、そんなよく見かけるギターおじさんなんだけど、
肝心の演奏してるところを一度も見たことがない。
これはどういうことだろう。ボクの運とタイミングが
悪いだけなのか?
とにかく単にギターを抱えて、ただそこに座ってるんだ。
なんとなく落ち着きがなく、人を探してる風にも見えるので、
もしかして、ボクが自転車から降りて、おもむろに
おじさんの前に対座したら、待ってましたとばかり
路上ライブが始まるんだろうか?
いや、ないことはない、ありうる。
しかし怖い。勇気がない。早く家に帰りたい。
ちょうどその交差点の前にはスーパーのライフやバス停があって、
ひっきりなしに買い物客は訪れるし、人の往来は盛んな場所ではある。
しかし、おじさんに注目している人は誰もいなさそうだ。
なんでだろう。まあおじさんの方から何かアクションを起こさないと、
どうにもならんのだろうけど・・。
とにかくおじさんの目的がわからない。
ライブするんならさっさとやったらいいし、まだ練習中なんだったら
家でやったらいい。嫁さんや近所の人に煙たがられてるんなら、
公園とかもうちょっと別の場所でやればいいじゃないか。
こんな往来でギター持ってたら、路上ライブでしょ。違うのか。
それか「ギターを持つ」という演奏しない演奏行為か?
なんかジョン・ケージ的な?いや、そんなことライフの前とかで
やったってしゃーないのでは?
もうただただ純粋にギターを持ってる俺を見て欲しいだけなのか?
しかしそれだけで何時間も同じとこ座ってられるか??
インスタ映え?そんなアホな。
う〜む・・ますますわからん。
しかし、まだ単にボクが運が悪すぎるだけで、演奏してる時はしてる。
という可能性はゼロではないので、今後も継続して調査していきたいと
思います。

guiter.gif


サンキュ!7月号で「最新・男のスマホ事情」というページの
イラストを描きました。(ガラケーしか持ってないけど)





posted by 辻井タカヒロ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする