2018年09月29日

似顔絵行商人

27日はミーツ酒祭に行ってきました。いや、行ってきた
というより、似顔絵ブースに座ってひたすら2時間、
似顔絵を描いてきました。毎年少しはホール内の演目を
チラッと見たりしてたんだけど。今年は一切見ること
なく、ホール外のエントランスで、ただただ描いた。
結果20名の方の似顔絵を描きました。

新刊「ケチケチ京都買い物案内」もこの機会を逃すまいと、
あらかじめ誠光社さんから20冊取り寄せて、家から電車で
担いで持って行っておりました。
しかしその見積もりに反して、似顔絵を描いた人が本にまで
興味を示してくれるかというと、そうもいかず。
「これ新刊なんですけど」とお勧めすると、
パラパラと見てくれる人はいても、フーンみたいな感じで、
また戻す、というようなことが多く、
「ああ、今まさに似顔絵を描いてくれてる人の本が横にあっても、
それとこれとは別なんだなあ」と思いました。
それでも、イベントも終盤になると、なんとか駆け込み需要もあり、
限定サービス価格という設定も相俟って、全部で9冊売れました。
いや、正確に言うと、1冊は横で同じく似顔絵ブースを
やってらしたスケラッコさんと自著の物々交換を
したので、売れたのは8冊。全部売ってスッキリ身軽に
帰りたかったんだけど、甘かったなー。
それでも、8冊はよく売れた方だ、と言われました。
残った11冊はまた担いで持って帰りました。
20冊はさすがに強気すぎた。しかし気分はすっきり身軽でした。
似顔絵、並びに本を買っていただいた皆様、スタッフの方々、
どうもありがとうございました。

sakematsuri.gif
会場に設置された、ミーツ表紙風等身大写真パネル。
下にある、生ビール、ワイン瓶、肉、の絵を手に持って、
中央に立って記念写真を撮れるようになっている。




posted by 辻井タカヒロ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

塔の中身はなんだろな

太陽の塔の内部観覧に行ってきました。ネットであらかじめ
予約を取らなければ入れなくて、その予約も数ヶ月先まで
埋まってる状態で、えらい人気の物件なんだけど、たまたま
幸運にも敬老の日にスッポリ空きがあったので、(団体の
キャンセルか何かがあったのかも)取ることができました。

さて、期待半分、期待はずれでがっかりする用意半分の、
用意周到で臨んだ内部観覧ですが、結果的にはとても満足
できました。
16人づつ限定で、係のお姉さんの説明を受けながら、
階段で少しずつ上に登っていく回廊システムで、主な目的は、
生物の進化の過程を辿りつつ、中央の生命の樹をただただ
じっくり見るということです。ハイそれだけだ。だから
それぞれが勝手に見たらすぐ終わってしまうようなもん
だけど、それを許さずに客を束縛して、もったいをつける
ところが、万博の真骨頂。見世物の流儀。もちろん、生命の
樹そのものはドえらい前代未聞の立体物でスゴかったです。
あと腕の内部がよかった。ただの鉄骨を組んだ空間なんだけど、
じっと見てると吸い込まれるような感覚になり、
「あの先に1970年があるのかね」と思いました。

taiyoto.gif

今まで外見で太陽の塔を、好きとか嫌いとか判断してたけど、
これからは中身もしっかりと見てですね、お付き合いできるか
どうか判断した方がいいと思います。ボクはお付き合いできます。
まあ中身は一回見たら充分だけど・・。

全く万博のばの字も知らないアカちゃんも喜んでました。
写真撮影禁止というのも、興醒めしなくてよかったです。
太陽の塔の中でスマホの姿を見たくないもん。

レコードコレクターズ10月号で「京都ケチケチ買い物案内」の書評
いただきました。一応漫画の中にチラっとレココレ出てきますしね。
(だからというわけではないとは思う・・)




posted by 辻井タカヒロ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

あかり

三島食品の「ゆかり」は誰もが知ってるけれど、ピリ辛たらこ
ふりかけの「あかり」というのがあるのは知らなかった。
他にも青じそふりかけの「かおり」というのがある。

「あかり」は2010年に発売されたそうなんだが、なぜ今まで
知らなかったのかというと、どうもパッケージのデザインが
「あかり」メインではなく「ピリ辛たらこ」の文字の
方を前面に押し出していたからのようだ。他にも「カリカリ梅」
の「あかり」もあったそうだ(現在は発売終了)。そりゃ
ややこしいわ。まあ、いずれにせよ、近所のスーパー
「マツモト」に売ってたような記憶はないな・・

akari.gif

それはさておき「あかり」=「アカちゃん」ですからして
買うしかないのだ。と思ってたらマツモトに売ってた。
売り場で「あかり」の文字があかりを発していた。
早速白ご飯にかけて食べてみた。お!思ったよりも
ピリピリ来る!「ピリ辛」というような軽いタッチを想像してると
それを上回ってくる辛さ。これはいいんじゃないでしょうか。
たらこパスタにも十分使えそうだ。よくあるたらこふりかけ
にありがちな、甘ったるいイメージからは一線を画している。
これはまた買いたいな。ちなみにアカちゃんは辛いのが
苦手なので、共食いは敬遠。アカちゃんのイメージとも一線を
画したふりかけなのでした。

J−WAVE のラジオ番組BOOK BARの
今週の一冊入魂というコーナーで、
本屋B&Bさんに、京都ケチケチ買い物案内を
紹介していただいたみたいです。
B&B寺島さん、ありがとうございます!
今読むべき本!



posted by 辻井タカヒロ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする