2019年07月29日

ニューメガネ

まだ下半身の動作はややスローモーだけど、日常生活には
ほとんど支障がないぐらいに、肛門の状態も回復してきた。
自転車にも乗って仕事に行っている。サドルが患部に悪さを
しないように、できるだけ面積の広い後ろの方に腰掛けている。
路側帯の段差があるところでは、お尻に響かないように
必ず腰を浮かせるなど、慎重に漕いでいる。

とにかく傷口が完全に塞がるまで、5週間かかる
らしいので、それまでは注入軟膏の強力ポステリザンを
朝晩必ず挿入しなければならない。
まさかこんなに長くポステリザン生活が続くとは
思ってなかった。ああ・・早くおさらばしたい。
病院の看護師さんは強力ポステリザンのことを
「強ポス」と呼んでいた。かっこええな。
僕はずっと「ポステリザン」と呼んできたけど
もう通算100回以上は挿入してるから、
「強ポス」と呼ぶ権利は獲得してるよな。

入院中に作っていた新しいメガネを、退院後
取りに行ってきた。16年ぶりぐらいにメガネを
買い換えたのだ。前にも書いたけど、アカちゃんは
生まれてからずっと見ていたメガネのボクしか知らないので、
メガネ屋さんで何を試してみても、変、おかしい、という
反応になってしまって二の足を踏んでいた。
いや、まあ、そんな子供の意見にいちいち忖度しないで、
自分の好きなフレームにしたらいいじゃないか、
という話もあるだろうけど、やっぱりそうはいかんのだ。

しかしここに来て急展開。
「ハリーポッターみたいな感じならいいかも」
と言われたんで、細めのちょっと丸っこい感じの
フレームを試してみたら、すんなりと納得してもらえた。
アカちゃんは、大のハリーポッターファンなのだ。
なのでボクは進んでハリポタになることにした。
まあ実際はハリポタというよりも石坂浩二みたいに
なってしまってるけど。
いや、なってしまってると言うと石坂浩二さんに失礼だ。
ならせてもらわれへんやろか。

メガネを取りに行って、そのままそのメガネを掛けたまま
家に帰ってきたら、アカちゃんに爆笑された。
新しいメガネを掛けて、アルバイトにも行ってるけど、
いつも出入りしている職場の人などに会っても、
まだ誰にも「お!メガネ変わったね」とか
「お!ラドクリフ!」とか「へーちゃん!」とか
言われたことない。ある一人のおっさんのメガネが
変わったところで、誰も見てないし、興味なんか
ないのである。まあそんなもんだ。


potter.png






posted by 辻井タカヒロ at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする