2018年03月30日

14歳のフォーム

マジック・スネークをご存知でしょうか?
もうずいぶん昔の話ですが、かのエルノー・ルービック教授が、
ルービックキューブのヒットを受けて、二匹目のドジョウならぬ
二匹目のヘビ(ニヒキヘビともいう)を狙って考案したという?
幾何学パズルです。
これはルービックキューブみたいに答えがあるわけではなく、
三角柱が交互に繋ぎ合わさった長細いプラスチックの物体を、
ヘビのようにグネグネ自由に曲げて好きな形を作って遊ぶ、
パズルというよりも、造形的な要素が強いオモチャでした。
ボクはルービックキューブ(一応持っていたけど)よりも、
このマジックスネークの方が好きでした。
マジックスネークには作例集が掲載された別売り小冊子があって、
これを参考にして、動物とかいろいろな形を作っていくわけです。
最初のうちはこの冊子を見ながら忠実に形を作るんですが、
載ってる作例を全部作り終わってしまうと、あとは自分で形を考えて、
これは何かに似てるなあ。みたいに見立てて楽しむしかないんです。

その冊子の巻末に、フォーム「形」コンテストというのがありました。
マジックスネークで作ったオリジナルの作品を、写真に撮って応募
してください。というコンテストで、エルノー・ルービック教授が
審査委員長になり、優秀作品には豪華な賞品が進呈されるとのことでした。
当時マジックスネークにハマっていたボクは、早速それに応募しました。
そして数ヶ月後・・・
豪華商品ではなく、作例集の第2集というものが家に送られてきました。
ページを開いてみると、自分が考えた作品が掲載されてるではないですか!
学級新聞とか以外で自分の名前が印刷されたのは初めてのことだったので、
とても嬉しかったことを覚えています。

・・さて何でこんな思い出を、つらつらと書いてるのかというと、
この時の冊子が久しぶりに出てきたからだ。
book.gif

form.gif
見ると「14歳」と書かれている。
30代のおっさんに囲まれて、結構奮闘してるじゃないか。
「テトラポット」が商品名だなんてこの頃は全く知らなかった。

そっか・・これ中2の時やったんか。
自分が中学生の時に何をしていたか、という記憶は
もうかなりおぼろげだけど、部活も何もしてなかったので、
とにかく暇は持て余していた。よくプラモデルを作ってたことは
覚えてる。タミヤ模型から日本の風景シリーズ、はたまたガンプラまで、
何でも作った。FMのエアチェックよくもしてたな。
ミュージックライフやFM雑誌を買って、クイーンとかホール&オーツとか
メジャーな洋楽を聴いていた。・・まあ概ね普通の中学生ですな。
その時代にこのヘビをいじくってたわけか。勉強はいつしてたんやろ・・。

マジックスネーク本体は遊んでるうちに可動部分がゆるゆるに
なってしまって、とうの昔に捨ててしまった。だからこの作例集が手元に
あったところで、作ってみることはできない。
マジックスネークって今も売ってるのかな、と思って検索してみたら、
いっぱい出てきた。パチもんみたいなのもあるけど、
当時より値段も安くて、色とか種類もいろいろあった。
なんや、普通に売ってるやん。
買おうかと思ったけど、アカちゃんに「そんなん買わんでええ」
と咎められて、やめた。

snake.gif




posted by 辻井タカヒロ at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: