2019年08月16日

南座門前払

歌舞伎には特に興味がなかったので、今まで一度も南座に
行ったことはなかった。ところがこの夏、南座超歌舞伎
という演目で、初音ミクが登場するという。初音ミクの
大ファンであるアカちゃんはそれに大変興味を示した。
よし、夏休みどこも行く予定もないし、じゃあこの機会にと、
妻が3等席を予約してくれて、一家3人で行くことにしたんだ。

その公演日が8月15日。
運悪く台風10号が西日本を直撃する日と重なってしまった。
非常に心配ではあったけど、南座のホームページで確認してみると、
予定どおり上演すると書いてあったので、悪天候の中、
出かけて行ったんだ。まあ確かに、時々強い風が吹いたり、
突然雨が降ってきたりというのはあったけど、そこまで
たいしたことはなかった。なんならちょっと晴れ間も出てきた。
家で台風情報ばっかり見てると過剰に心配が膨らんでしまう
けど、実際に街に出てみるとそれなりに観光客なども歩いてる。
むしろ普段の休日よりも店が空いててラッキー、ぐらいの感覚で、
昼ごはんを食べたり、買い物などもしつつ、いざ南座へ向かったんだ。
するとちょうど午前の公演が終わったのか、ぞろぞろと客が出て
行くところで、とても台風とは思えないような盛況ぶりだった。
「なーんや、結構いっぱい人来てるやん」

ちょっと着くのが早かったけど、
中に入って初めての南座をじっくり堪能しよう。
扉をふと見ると、
「午後の公演は台風の影響で中止になりました」
という張り紙が・・・

minamiza.png

「中止・・・」
3人は呆然。やるって書いてあったのに・・・
なんせスマホとか持ってないから、朝以降
ホームページのチェックとかはしてなかった。
アカちゃんはシクシクと泣きだした。
今まで音楽や画像では接してきたものの、生で動く
初音ミクを見たことがなかった。人生初初音ミク。
夏休みが始まる前からずっと楽しみにしてたのに・・。
どうにかならんかと券売所の人に聞いてみると、
払い戻しに関することは後日郵送でお知らせします。
とのつれない返事。特に振り替えなどはしてくれない様子。
おそらくそんな振り替える席も残ってないんだろう。
3等席は安いから真っ先に売れてしまうからな。
しかしこのぐらいの台風なら、中止にするほどのことも
ないと思うけどなー。やれるやろ!屋根付いてんねんから!!

ゴネてもどうにもならんので、仕方なくそのまま
トボトボ帰った。アカちゃんはとても
打ちひしがれていて、かける言葉もない。
家に帰って、ニュースを見ると、駅や空港などに
足止めされて、途方に暮れている人々のインタビュー
をやっていた。大事な旅行計画がめちゃめちゃに
なってしまったこの人たちと比べると、自分たちは
まだマシじゃないか。そう言って慰めるしか
ないのだった。それでも落ち込んでるアカちゃんに、
「もしかしたら、期待値が高すぎて、すごい拍子抜け
するような、観てがっかりする内容やったかもよ〜」
と、何の足しにもならない、しょうもないことまで
口走ってしまう自分だった。





posted by 辻井タカヒロ at 16:21| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

うんこ鑑賞会

入院中の楽しみといえば、もちろん、朝昼晩の
病院食だ。何もすることがないので、本当に
メシだけが待ち遠しい。しかしそのメシも
当たり外れは当然ある。朝食は基本パンなので
それなりにうまいんだけど、2日目の昼食で出てきた
蕎麦はヤバかった。ヤバ蕎麦だ。パッと出てきた時は、
「やった!天ぷらそば!。やるやん病院食!」
と歓喜したんだんだ。しかし実際に食べてみると、
天ぷらが冷めてたのは想定内だとしても、
蕎麦が史上最悪級に不味かった。伸びに伸びきって
グニュグニュになった麺同士が全部くっついて、
毛糸の玉みたいになって離れないのだ。
もう何を食べてんのかよく分からない感じ。
もはや麺である必要がないというか、いっその事、
全部手でこねて完全に団子にしてしまった
ほうがまだ食えるんじゃないかと思ったほど。
なんなら乾麵のまま囓った方がまだマシという
ぐらいのもんだった。まあ夕食は総じてマズくは
なかった。でもあんまり印象には残らない感じ。

暇つぶしのメインは、テレビの予定だったんだけど、
なんだかあまり見る気がせず、テレビ視聴用のカードも
買わなかった。まあケチったといえばそれまでだけど・・。
プロ野球のナイターを聞こうと思って、ラジオを持って行
ったのに、電波状況が悪いのかNHKしか入らなかった。
3DSはネットにつなぐことはできたけど、いかんせん
バージョンが古すぎて、ヤフーのトップページぐらいしか
見ることができんかった。しかもそれを見るだけでも
結構邪魔くさい手順を踏まなければならないのだった。

結局頼るべきは本だ。本だけはたくさん持って行った。
こんな時にしか読む機会ないだろうと、昔古本で買った
中公文庫「本朝画人傳」全8巻を持って行ったんだが、
読み進めるうち、何のためにこんな本を読んでるんか
よくわからなくなってきた。
それでも他に楽しみがないので、2冊ぐらいは読んだ。
まあしかし8冊全部持って行く必要は無かったな。

入院中は、創作意欲のような、そんな前向きな発想は
一切芽生えず、(入院してなくても芽生えないけど)
ただただゴロゴロして、メシを待つという
それだけの人間だった。唯一与えられた仕事は、
「うんこを看護師さんに見てもらう」ということだった。
術後の排便では、便に血液などが混じってないか、
しっかり確認することが重要で、それらの状況を主治医の
先生に逐一報告しなければならない。
それで朝食の後とかに、うんこに行きたくなったら
覚悟を決めてトイレに行き(術後の排便は痛いのだ)、
便が出たら、トイレに設置してあるナースコールで
看護師さんを読んで、うんこを見てもらうのだ。
「いい色してるでしょ」「今回は自信作」「外カリ中ふわ」
とかそんなことはいちいち言わないけど、
看護師さんは便器の中を一瞥し
「はい・・血は出てませんね」
と出血の確認だけして、便を流す。
そしてお尻に新たなガーゼをあてがってもらうために、
お尻をぐいっと突き出す。
という一連の作法が、私の仕事、私の生きる道、
創作活動とも言える。むしろ茶の湯とかに近い
のかもしれん・・・怒られるな。

unko.png


コープこうべのPRまんが、更新されてます。
今回は除湿剤がテーマ。





posted by 辻井タカヒロ at 17:26| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

ニューメガネ

まだ下半身の動作はややスローモーだけど、日常生活には
ほとんど支障がないぐらいに、肛門の状態も回復してきた。
自転車にも乗って仕事に行っている。サドルが患部に悪さを
しないように、できるだけ面積の広い後ろの方に腰掛けている。
路側帯の段差があるところでは、お尻に響かないように
必ず腰を浮かせるなど、慎重に漕いでいる。

とにかく傷口が完全に塞がるまで、5週間かかる
らしいので、それまでは注入軟膏の強力ポステリザンを
朝晩必ず挿入しなければならない。
まさかこんなに長くポステリザン生活が続くとは
思ってなかった。ああ・・早くおさらばしたい。
病院の看護師さんは強力ポステリザンのことを
「強ポス」と呼んでいた。かっこええな。
僕はずっと「ポステリザン」と呼んできたけど
もう通算100回以上は挿入してるから、
「強ポス」と呼ぶ権利は獲得してるよな。

入院中に作っていた新しいメガネを、退院後
取りに行ってきた。16年ぶりぐらいにメガネを
買い換えたのだ。前にも書いたけど、アカちゃんは
生まれてからずっと見ていたメガネのボクしか知らないので、
メガネ屋さんで何を試してみても、変、おかしい、という
反応になってしまって二の足を踏んでいた。
いや、まあ、そんな子供の意見にいちいち忖度しないで、
自分の好きなフレームにしたらいいじゃないか、
という話もあるだろうけど、やっぱりそうはいかんのだ。

しかしここに来て急展開。
「ハリーポッターみたいな感じならいいかも」
と言われたんで、細めのちょっと丸っこい感じの
フレームを試してみたら、すんなりと納得してもらえた。
アカちゃんは、大のハリーポッターファンなのだ。
なのでボクは進んでハリポタになることにした。
まあ実際はハリポタというよりも石坂浩二みたいに
なってしまってるけど。
いや、なってしまってると言うと石坂浩二さんに失礼だ。
ならせてもらわれへんやろか。

メガネを取りに行って、そのままそのメガネを掛けたまま
家に帰ってきたら、アカちゃんに爆笑された。
新しいメガネを掛けて、アルバイトにも行ってるけど、
いつも出入りしている職場の人などに会っても、
まだ誰にも「お!メガネ変わったね」とか
「お!ラドクリフ!」とか「へーちゃん!」とか
言われたことない。ある一人のおっさんのメガネが
変わったところで、誰も見てないし、興味なんか
ないのである。まあそんなもんだ。


potter.png






posted by 辻井タカヒロ at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする